産毛の処理ならダイオードレーザー脱毛

ダイオードレーザーが産毛に効果がある理由


ムダ毛を処理するためにクリニックで医療脱毛をする女性は多いですが、実は産毛の脱毛は難しいと言われています。その理由は、医療脱毛の場合、毛のメラニン色素に反応するレーザーを照射することでお手入れできるからです。つまり、メラニン色素が薄い産毛に対してはあまり効果がありません。しかし、ダイオードレーザー脱毛ならばしっかりと産毛までケアすることができます。その理由は、ダイオードレーザー脱毛はメラニン色素ではなく、発毛の指令を出すバルジ領域にダメージを与えるからです。したがって、日焼けで肌の色が黒い方でも効果があると言われています。バルジ領域は毛根よりも上の場所にあるので痛みも少なく、安心して産毛をケアすることが可能です。

増毛化が起こることがある


医療クリニックでダイオードレーザー脱毛を受ける場合、ごく稀に硬毛化や増毛化が起こることがあります。はっきりと解明されていませんが、産毛に中途半端にレーザーでダメージを与えることが原因と考えられています。その結果、逆に毛の成長を促進したり、毛が太くなってしまったりするというわけです。増毛化と硬毛化が起きてしまった場合、クリニックでレーザー脱毛を受けて着実にムダ毛を処理する必要があります。あるいは、レーザーの種類を変えるなどして対応してもらわなければいけません。なので、医療クリニックを利用する際は、事前に増毛化のリスクをきちんと説明してくれるところを選ぶといいでしょう。さらに、万一の時に保証があるクリニックかどうかチェックした方が良いです。